20代にしておきたい17のこと/本田健

最近20代後半になって、本当に充実した人生を送るためにはどうしたらいいのだろうかと、考え始めてる時、この本に出会いました。タイトルがダイレクトに悩みに訴えかけてきたので、すぐ購入しました。

心に留まった、「20代にしておきたいこと」を以下に列挙します。

  • 大好きなことを見つける
    • 子供の頃大好きだったことを思い出してみる
    • 好きなことをやってる人生と嫌いなことをやってる人生のシミュレーション
  • 一流のものに触れる
    • 一流の人、モノに出会う
    • 自分が憧れる世界を見ておく
  • 死ぬほどの恋をする
    • 心をオープンにして情熱的に生きる
    • 愛したい人に出会えてない場合は、交際範囲を広げる
  • 自分のルーツを知る
  • 才能の形を明確化する
    • 好き嫌いを感じる
  • メンターを探す
  • 人生が変わる本と出会う
  • お金と時間の管理を学ぶ
  • 異文化に触れる旅に出る

自分なりに要点をまとめると、成功のための失敗は、体力的に若い20代のうちにたくさん経験しておく。その経験の密度を最大限高めるには自分が大好きと思えることに注目すること。自分が大好きなことは様々なことに触れる過程で気づくものなので、自分の知らない異文化に触れる。その中でも一流のものがいい。身近に自分の理想像と合致するメンターや影響のある本に出会えると、軌道に乗る。その他にも原点回帰という意味で、自分のルーツを探るという方法もある。また、死ぬほどの恋愛から学べることもたくさんある。

納得できることが多い内容でした。次は同じシリーズの30代にしておきたい17のことも読んでいきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です